HOME » Q&A

Q&A

Google Apps および、Easy for Apps、EasyPack などに関する疑問にお答えします。
Google Apps とは一体何ですか?
組織の最大限効果を引きだすコミュニケーション/コラボレーションツールのセットです

 
Google Apps に含まれる、Gmail や Google カレンダーなどのツールがコミュニケーションの活性化を、Google ドキュメントや Google サイトなどのアプリケーションが情報の共有化を加速させます。Google Apps には3つのエディションが用意されており、用途に合わせて適切なものをお選びいただけます。

  詳しくは「Google Appsとは」をご覧ください

▲ページ TOP へ

Easy for Apps サービスとは一体何ですか?
Google Apps の導入から拡張までを総合的にサポートする弊社サービスの名称です

 
導入をご検討の方は「始める 」から、ご利用中のヘルプ・サポートをお望みの方は「使う 」から、拡張ツールおよびカスタマイズサービスをお望みの方は「拡げる 」から、段階応じた支援を実施いたします。

  詳しくは「サービス案内」をご覧ください

▲ページ TOP へ

EasyPACK とは一体何ですか?
弊社でご用意した、Google Apps をより便利にする7つの拡張ツールの総称です。

 
アカウント情報を一括管理するコントロールパネルツールやワークフロー管理機能など、7つのツールの中から適切なものを組み合わせることで、それぞれの組織に対して最適なソリューションを提供いたします。Google Apps 各アプリケーションの機能を生かしたままの拡張が可能で、for Business をご利用中であれば、すぐにでも EasyPACK を導入いただけます。

  詳しくは「拡張ツール」をご覧ください

▲ページ TOP へ

Google Apps は本当に無料なのでしょうか?
はい、Google Apps と for Education は無料でご利用になれます。

 
Google Apps は3つの Edition があり、そのうちの Google Apps は50アカウントまで、for Education は教育機関や非営利団体でのみ利用可能なエディションで、アカウント数無制限で無料でご利用になれます。
安定したシステム保障のある最上位版の for Business は有料となります。

▲ページ TOP へ

Gmail のような Web メールだと
オフライン環境でメールを見直したい時などに不便ではないですか?
大丈夫です。
Gmail はこれまで通り Outlook Express などのメールツールでもご利用になれます


Google Apps の Gmail は、Web ブラウザ上でのメールの送受信が可能ですが、これまでとおりの使い方(例えば Outlook Express でのメール送受信など)にも対応していますので安心してご利用いただけます。また、これまでとおりの使い方をしていても送信・受信メールは Gmail 上に保存されていますので、Web 上の Gmail だけに切り替えるのは”単にこれまでのメールツールの利用を止めればよい”だけになります。
なお Gmail Labs では Gmail のオフライン対応を実現し、受信メールの表示や送信メールを下書きとして用意することが可能になりました。近い将来に正式リリースされる事が予想されますが、インターネットにつながらない環境でのご利用が多い方は、これまでの使い方との兼用での利用をお勧めいたします。

▲ページ TOP へ

Google Apps の Gmail と一般の Gmail には何か違いがあるのでしょうか?
はい、メールボックスの容量や独自ドメインでの利用が可能など
いくつかの機能が異なります。


Google Apps は Gmail や Google カレンダー、Google Video など様々なアプリケーションがセットになっていますが、それぞれ一般向けのアプリケーションとは若干機能が異なります。たとえば、一般向け Gmail では、@gmail.com に固定され独自ドメインが利用できません。Google Apps の Gmail では @yourdomain.com などの独自のドメインが利用可能です。また、for Business では一般向け Gmail には備わっていない、メール監査機能や迷惑メール機能がさらに強化された Postini の利用などが可能です。 Google Apps の Gmail は企業・組織で利用を想定しているため、同一組織内のアカウント情報を連絡先として自動的に共有するなどの機能があり、一般向け Gmail と比べて企業・組織での利用に最適化されています。

  詳しくは「Google Appsとは」をご覧ください

▲ページ TOP へ

メールなどのセキュリティは安心できるものですか?
ご安心ください。
Google のデータセンターは世界レベルのセキュリティを備えています。


Google Apps では、メールは約25Gなど大きな容量を蓄えておくことができますが、こういったデータへ”人が介在してアクセスすることはありません”。また厳格なデータ保護ポリシーにより、Google の従業員が不必要にデータへアクセスする事がないよう明確なルールを設けています。
(詳細はこちらへ http://www.google.com/support/a/bin/answer.py?hl=jp&answer=60762
Google では迷惑メール対策のためや広告掲載のために”自動化されたデータアクセス”を実施する事はありますが、それらは利用者の利便性向上のためであり、人を介在する不正な情報閲覧は厳しく管理・制限されていますので、第三者の手にデータが渡る心配はありません。なお、データの保持期間への対応に関しては現在簡素な方法を検討・調査しています。近日なんらかの対応策を公開いたしますのでしばらくお待ちください。

▲ページ TOP へ

Google Apps と for Business の違いは何ですか?
for Business だけの機能や稼働保障、高い拡張性があります。ご相談ください。


Google Apps は50アカウントまで無料でお使いになれますが、for Business では各種の機能追加や稼働保障などが加わり有料での提供となっています。for Business では、Gmail の稼働率を99.9%保障しているほか1人25GBのメール容量、Google カレンダーでの設備・施設予約機能や Google Video などの追加ツールが提供されます。
また、for Business は高い拡張性を備えており、現在ご利用中の社内システムとの統合や独自の機能を盛り込む事も可能です。何か重大な問題が発生した際には電話での24時間 365日サポートサービス(詳細)もあり、確かな保障で安心してご利用頂けます。
用途・目的によりどちらを導入されるべきかご不明な際は、ご相談いただければと思います。

▲ページ TOP へ

Google Apps for Business のアカウントはどこで購入できますか??
こちらの WEB サイトの右上に設置されたリンクよりご購入いただけます。

 
なお現在は Google Apps の導入を促すため 20% オフキャンペーンを実施しております。

  アカウント購入ページはこちら

▲ページ TOP へ

Google Apps はすぐに使い始める事が出来るそうですが
メールなどの移行などはどのようになりますか?
Google Apps はアプリケーション毎に個別の利用が可能です。


Google Apps は、Gmail、Google カレンダー、Google サイトなど複数のアプリケーションが”セット”になったものです。たとえば、「予定を共有したい」だけであればメールシステムを移行することなく、Google カレンダーだけを導入することが可能です。Google Apps のアプリケーションを個別に利用開始することができますので、利用目的にあったものだけを使い始めることができるのです。
また、メールの移行はこれまでのホスティングサーバの移行などと同じく、同時並行しながらゆるやかにかつ確実に移行することが可能です。導入の際のご相談など、詳細不明な場合は遠慮なくお問い合わせください。

▲ページ TOP へ

Google Apps に Web サーバは必要ないようですが
今利用中のレンタルサーバはどうすべきですか?
必要です。が、レンタルサーバの契約変更をお勧めします。


Google Apps には、Google Site や Google PageCreater などのツールが含まれており、そういった意味では Web サーバとしてのご利用可能です。但し、これは一般的な HTML を置くような Web サーバではなく、問い合わせを受けるフォームプログラムやブログなどの一般的な CGI プログラムを稼働させる事はできません。よって、Web サーバの継続的なご利用はお勧めしますが、Google Apps を導入すると必要なレンタルサーバは Web サーバと DNS サーバのみになり、今一度最適なレンタルサーバプランを検討する必要があります。
弊社では Google Apps 導入の際に付帯して必要となる Web サーバと DNS サーバのホスティングサーバ(レンタルサーバ)をご用意しております。他社様のレンタルサーバでもこのような組み合わせが可能な場合がありますので、詳細は運用中/ご検討中のレンタルサーバご契約内容を含めお問い合わせください。

▲ページ TOP へ

Google Apps は携帯電話でも使えますか?
Google Apps には携帯電話に対応したものと、していないものがあります。


現在、モバイルでの利用に対応しているサービスには Gmail、Google カレンダー(照会のみ)、Google ドキュメント(照会のみ)があり、この他のサービスに関してもこれよりカバーされていく事と思いますので、Google からの発表があり次第お知らせ致します。
なお、弊社ではモバイルでの Google カレンダーの登録・更新を可能に張した EasyPIM for JPmobile をプレビューリリースしております。無料でお使いいただけますので、ぜひ一度お試しください。

EasyPIM for JPmobile 特設サイトは こちら

 

▲ページ TOP へ

Google Apps はネット環境さえあればどこでも使えるとの事ですが
アクセス制限は可能ですか?
はい、for Business (または for Education)と拡張ツールで可能です。


for Business か for Education をご利用中であれば、弊社が提供する拡張ツール「EasyGate for Google Apps」 をお使いになる事でアカウントごとの利用制限をかけることが可能です。詳細はご遠慮なくお問い合わせください。

▲ページ TOP へ

Google Apps と社内システムの連携・統合は可能ですか?
はい、可能です。ぜひご相談ください。


Google Apps は、様々なアプリケーションのセットになっており、Google カレンダーには Google Calendar API などが利用可能で拡張することができます。さらに for Business と for Education には Google Apps APIs という Google Apps だけの拡張 API が存在します。システム連携内容・目的によりますが様々にシステム拡張が可能です。弊社では EasyPIM for JPmobile という Google カレンダー(一般向け/Apps向け)を拡張し携帯電話で Google カレンダーの照会や更新をできるツールを提供していますが、Google Calendar API と Google Documents List Data API、Google Spreadsheets Data API の3種類の API を組み合わせ開発したものです。
カレンダーを他システムと連携する場合など Google Apps APIs を利用せずに、公開されたAPIもあり、このケースの場合は Google Apps のすべての Edition で拡張が可能ですので、詳細はお問い合わせいただければご提案から開発・運用の支援まで行います。

▲ページ TOP へ

Google Apps を導入しました。
スタートページの設定はどこから行えばよいのでしょうか?
スタートページは提供が停止しました。


Google Apps に含まれていた Google スタートページは 2009年 1月頃の新規申し込みドメインにより提供が停止しました。非常に残念ですが、Google サイトにて代替いただくことになります。

▲ページ TOP へ

 

 Google Apps 総合サポートサービスはこちら