HOME » ニュース » ニュース

ニュース

Google Apps for Businessにパスワード強度確認の新機能追加

Google Apps米国時間1月15日、Google は「Google Apps for Business」に管理者向けの新しい機能を追加しました。追加された機能は、管理者に新しい権限を付与するもので、Gmail や Google Docs などのアプリケーションにユーザーがアクセスする際に使用するパスワードをコントロールする、というもの。

 

Google Apps 管理者は、パスワードの最低文字数を設定できるほか、パスワードの強度を見ることができます。推測されやすいパスワードであれば、パスワード強度が最低ランクとして評価されるため、セキュリティー強化のためにユーザーに対する告知し、変更を促すことができる。

 

今回の機能追加に対し、Google Apps のセキュリティ担当ディレクター Eran Feigenbaum 氏は「顧客から高い可視性が求められており、要望として寄せられていた機能だった」と述べている。

 


2009年1月16日